借り換えによって住宅ローンの返済額を減らすにはどうするべきでしょう?返済プランを見直すことです。

スポンサーリンク

しばらく共働きを続ける予定の人や、これから勤続年数に従って収入が確実に増加する見込みがある人などは、将来の安定収入を見越した住宅ローンの返済プランを立てることが可能です。

収入が多く繰上げ返済によって短期間で住宅ローンが返済可能な人や確実に貯蓄を増やせる人、将来財産分与などでまとまったお金の入る予定のある人、もともと借入額が少ない人は金利が上昇してもなんとか対応できます。

このような場合には、固定金利制で10年程度の低金利なタイプを探して住宅ローンの借り換えを行いましょう。

もし、10年後に金利が上昇しても、収入や貯蓄に余裕があればそのときに繰り上げ返済をしたりと柔軟に対応できるからです。

固定金利型の10年型住宅ローンならば、返済の残りが15年以上の住宅ローンを組んだ人にとって、借り換えがお得になる可能性があります。

金利上昇の危険性を回避するには、より早く返済が済むタイプがおすすめです。経済的に余裕があって、まとまった貯蓄を持っている人が借り換えを検討することも考えられます。

ここで一番大切なことは、住宅ローンの借り換えでは今より金利が低く負担を軽減できるものを選ばなくてはなりません。
 

住宅ローン借り換えの手続きと諸費用

借り換えを検討する時は、どういう手順が必要で費用はどのようなものが必要でしょうか?

住宅ローンの借り換え費用や手続きの内容については、様々な金融機関のホームページやパンフレットなどで情報収集をして下調べをします。

それぞれ、プランや金利が異なります。

期間限定の借り換えキャンペーンなども積極的に調べてみましょう。一か所だけでなく、いくつかの金融機関に行ってみることが大切です。

持っていくといいものは、源泉徴収票、登記簿謄本、売買契約書、現在の住宅ローンの償還票などです。借り換えの話もスムーズに進み、具体的な費用の話もその場で細々とした点まで確認できます。

複数の金融機関で聞いた話を比較して、最も自分に合う住宅ローンを見つけましょう。

金融機関が決まったら住宅ローン借り換えの手続きの申し込みをします。

借り換えの審査を受けることになるので、金融機関に署名、捺印をした必要書類を出します。正式な借り換え手続きは審査が問題なく通ってからになります。

新しい抵当権の設定や以前の抵当権の抹消手続き、金銭消費賃貸契約書のサインなどの諸手続を行い、借り換えに発生した費用を払います。

新規に住宅ローンを借りるわけですから初めに借りたときと同じように借り換えの場合にも諸費用が発生します。

印紙税や保証料、事務手数料、登録免許税等は前回と同様にかかりますし、司法書士報酬なども発生します。ただし、借り換えキャンペーンとして手続きの保証料の値引きを行ったり便宜を図るとこもありますので、確認してみましょう。
 

住宅ローンの繰上げ返済について
月々の返済とは別に、まとまった収入などがあった時に一気にローンの一部を返済することを繰り上げ返済といいます。

繰り上げ返済をすることで、住宅ローンの返済の残りをぐっと減らすことができるのです。

繰り上げ返済のメリットは、早めに返してしまうことで支払い利息を少なくできることです。返済期間を短縮できること、返済総額を低く抑えることができることが住宅ローン繰り上げ返済の強みです。

手数料と住宅ローン控除との関係に注意をしながら、住宅ローンの繰り上げ返済の計画を立てます。

手数料は繰り上げ返済の申し込みにかかるものです。また、繰り上げ返済で住宅ローン控除対象額が減額されると還付金に影響する恐れがあります。

近年は住宅ローン商品も多岐に渡ります。金融各社の間の競争も激化の傾向にあるようです。手数料の仕組みなど、繰り上げ返済を検討する時に確認しましょう。

大きく分けると二通りの繰り上げ返済方法があります。

一つは返済から返済までの期間を縮める方法で、もう一つは月々の返済額を増やす方法です。前者が期間圧縮型、後者が毎月返済額圧縮型です。

毎月返済額圧縮型は、期間圧縮型よりもかかる利息が大きいですが、家計への負担はより少なくて済みます。住宅ローンの返済が負担になってきた際には、毎月返済額圧縮型の住宅ローンの繰上げ返済を選ぶ方法もあります。

スポンサーリンク